ゴルフの記念品の準備はネットで簡単注文できる時代です

ゴルフの記念品を贈りたいならネットで気軽に注文できます。費用はどれくらいかかる? - ゴルフの記念品の準備はネットで簡単注文できる時代です

更新情報

記念品ネットサイト

アーカイブ

ゴルフの記念品の準備はネットで簡単注文できる時代です

ゴルフは老若男女が楽しめるスポーツ。
しかも悪天候でなければ、一年中楽しめるスポーツですね。
広大な自然の中でプレーすることは、いい運動になるだけでなく
心身のリフレッシュにも最高です。
でも、正直なところ、それなりにお金のかかるスポーツでもあります。

どのくらいお金がかかるの!?

まず、クラブなどの道具や練習場(打ちっ放し)の費用がかかります。
初めての時はレンタルでもよいでしょうが、その後も続けるならば
クラブは早めに購入すべきです。
すぐに上達したいならば、レッスンに通う人もいるでしょう。
クラブなどの道具の価格は、それこそピンキリですが、中古品でも
セット品ならば1万円以上はします。
新品ならば、4万円から5万円は用意しておきたいですね。
練習場も場所や練習時間(厳密には球数)などによって異なりますが
週に1回程度は通うとなると、月額で1万円前後はみておいた方がよいでしょう。
いよいよコースデビューともなれば、ウェアや靴、マーカーなどの小道具
グリーンフィーなどのゴルフ利用料に利用税もかかります。

快挙は嬉しいけれど

そして、プレー上級者となればホールインワンなどの心配も出てきます。
プロでもなかなか出来ない快挙ですが、「万が一」はあります。
ゴルファー保険は是非入っておきましょう。
ケガや道具が壊れた場合の補償だけでなく、ホールインワンなどを
達成した際も保険金がおります。
達成のお祝いという名目で祝賀会、同伴のキャディなどへのチップ(祝儀)
ゴルフコースへの記念植樹、コンペ・大会等での記録達成ならば、参加者全員に
記念品を贈るといった、習慣があるからです。
これらの費用を計算すると、場合によっては、数十万円から百万円近く
かかることもあります。

そもそもなぜお祝いするの!?

iulugliug
海外では、周りの人が祝ってくれる事はあっても、自分の費用で大々的に
パーティをすることはなく、ましてや植樹や祝賀会までするのは、つい最近までは
日本だけの習慣だったそうです。
このようなお祝いをするようになったのは、1950年代の第一次ゴルフブームの頃から
とのこと。
さらに、バブルの頃に高額なゴルフ会員権をもつメンバーたちが、競い合うように
豪華に振る舞っていた名残ともいわれています。
このように祝うのは、「滅多にない幸運」を自分だけでなく、周りの知人・友人へ
運をおすそ分けすることで役立ててもらう「厄落とし」のような意味合いがあるようです。
日本は、日頃の感謝を中元や歳暮といった品に込めて、互いに贈りあう習慣のある国です。
ゴルフは接待にも使われるほど、社会的・社交的な側面をもつ紳士のスポーツなので
なおさらお祝いすることは欠かせないかと思います。
しかし、バブル崩壊後は、ささやかなお祝いをするようになってきたようで
だいぶ費用負担も軽くなりました。

どんなお祝いをすればいいの!?

実は、お祝いするにあたって、明確な決まりごとはありません。
極論をいえば何もしなくてもよいのですが、末永く楽しくプレーを続けるためにも
仲間うちへの記念品の贈呈はしておいた方がよいでしょう。
祝賀会やコンペの開催は調整に時間がかかりますが、記念品であれば簡単に対応できますね。
お祝いですから、感動の冷めないうちにすぐ対応した方が、よいと思います。
お店に足を運ぶとなるとまとまった時間を何度も作る必要がありますが、記念品専門の
ネット通販なら、すき間時間を利用しながらいろいろ調べて、検討できます。
即日発送できる品から時間をかけてつくれるオリジナル品もありますので、好みや予算に
合わせて選択できるのもよいですね。
しかも、通販は無店舗経営(もしくは店舗と併用)で、商品も全国向けに大量に仕入れているので
コストを押さえた分、価格も安いことが多いのです。
節約できた時間とお金は、そのままゴルフの練習や別のコンペへの参加に回せますね。
さぁ、もっと安心してゴルフを楽しみましょう。

Copyright(C)2016ゴルフの記念品の準備はネットで簡単注文できる時代ですAll Rights Reserved.