パワーストーンブレスレットの選び方

パワーストーンを選ぶ際に、皆さんは何を基準に選んでいますか?色や形、その意味など様々な要素で選びましょう。 - パワーストーンブレスレット、どうやって選べばいいの?

パワーストーンブレスレット、どうやって選べばいいの?

パワーストーンブレスレットの選び方、というのは、色々悩みが大きい所だと思います。
今回はこれについて見ていきましょう。
<パワーストーンブレスレットの基本>
「パワーストーンブレスレット」と「パワーストーン」が違うのは、「石が複数あるか、そうでないか」という点です。しかしながら、これは単純に「数の違い」によってのみ考えられるものではありません。
パワーストーンブレスレットの場合、「石がつらなる」ということから、パワーストーンと重ね付の効果があるように思われがちです。しかしながら、実際には「親玉」と呼ばれるもっとも中心的な働きをするものと、「補助席」と呼ばれる親玉をサポートするものによって構成されるのが普通です。
<パワーストーンの選び方>
パワーストーンブレスレットを作る場合に必要になるのが、「どんなパワーストーンを選ぶか」という選択です。
これは自分自身が抱える悩みを解消してくれるような石を選ぶことが基本ですが、単純に、「色」「手触り」などで選んでもよいでしょう。パワーストーンは、「自分がそれを好きかどうか」という点も重要になってくるからです。また、専門家がいるのなら、その人に選ぶのを手伝ってもらってもよいですね。
長く使い続けていくものですから、デザインなどにも少しこだわりたいものです。意味はいいけれども、デザインが気に入らず結局お蔵入り…ということであれば、ブレスレットもかわいそうですからね。
パワーストーンブレスレットは、いくつもの石を連ねて使うものです。そのため、「石同士の相性」ということを気にする人もいるのではないでしょうか。今回は、芸能人も愛用するパワーストーンブレスレットを作るにあたり、この「相性」についてお話していこうと思います。
mjhfmtd
<専門家の間でも見解は分かれる>
非常に面白いことに、「パワーストーン同士に相性はあるか」というのは、専門家の間でも見解が分かれます。

「ケンカ、というような感情を持つのは人間だけ。人を保護するための石に、そのような悪い感情があるはずがない」と考え、「相性うんぬんは特にない」と考える人もいます。
その反面、「それぞれに相性はあるので、相性が悪い組み合わせはできれば避けた方がいいけれど、たとえ相性の悪いパワーストーン同士であっても、特別な悪影響は生じない」とする人もいます。
しかし同時に、「相性の悪いパワーストーン同士を使うと、体調などにも変調をきたすかもしれない」と考える向きもあります。
<結局結論はでるの?>
このように、3つの考えがある以上、ここでは軽々に、「パワーストーン同士には相性がある」「相性などない」という風に言い切ることはできません。パワーストーンというのは言ってみれば「お守り」ですから、持つ人がどのように考えるか、どのように感じるか、ということの方が重要なのです。自分でパワーストーンブレスレットをオリジナルで作成しませんか?きっと良い物が作れるでしょう。ただ、気になるのであれば、パワーストーンを売っているお店の見解を聞くのもよいでしょう。

Copyright(C)2015 パワーストーンブレスレットの選び方 All Rights Reserved.